前日からもっと、くんと夏場の終わり将来の?が頭から離れない

乳児の幼馴染が上3ヶ月で転校することになりました。。。
女子はわたしの3才年下で、思いも合って仲良くお交流していたので私も残念です。
「最近」こういうときは「最近」しか無くて、永遠に貫くものは無いと私は思っていて、だからこそ「最近」を大切にしようとずっと思っています。
そう分かっていながらも、何となく心のどこかで乳児とその幼馴染氏の育ちを思う存分見続けられると思っていた自分に驚きました。
なるほど、正当ってやっぱり薄いんだなあ、と改めて感じました。
多分乳児も思っていたことでしょう、そのキッズと一緒に正当みたいに小学生を終了し、そのキッズと一緒に正当みたいに中学生へ進学して、ハイスクールははからずも別々に患うかもしれないけれど、マイホームは横だし正当みたいに顔は重ねるだろうって。
でも、そういう未来は来ないのです。
「おはよー!」と一年中扉をたたく亭主の元気な感想が聞けなくなると思うと甚だしくうら寂しいだ。
つらいと大泣きやる乳児を「離れたら友人じゃない?離れてもどんどん友人だ?」と
抱き締めながら諭しながらぐいっと涙は持ち堪えたのでした…。
真夜中陰ながら涙しましたけどね(^_^;)
おかげで今日はまぶたがぼっこり腫れてます…。