恒星の定義についてと宇宙について勉強した

恒星などについて訓練しました。オリオン座αは、ベテルギウスといいます。りゅうこつ座αは、カノープスといいます。なんといぬ座αは、シリウスAといいます。ふたご座αは、カストールといいます。こいぬ座αは、プロキオンといいます。ふたご座βは、ポルックスといいます。しし座αは、レグルスといいます。おとめ座αは、スピカといいます。うしかい座αは、アークトゥルスといいます。さそり座αは、アンタレスといいます。ところ座αは、ベガといいます。わし座αは、アルタイルといいます。はくちょう座αは、デネブといいます。みなみのうお座αは、フォマルハウトといいます。他には、ケンタウルス座があります。銀河系の外形は、レンズのように中心の厚みが著しい円板状だ。その中で星の群衆がうずを巻いてある。円板部の直径が、10万光年だ。円板部の厚さは要部は1.5万光年で、お天道様付近は0.5万光年だ。知らないことが学べて嬉しいです。http://www.zillalighting.com/