前日からもっと、くんと夏場の終わり将来の?が頭から離れない

乳児の幼馴染が上3ヶ月で転校することになりました。。。
女子はわたしの3才年下で、思いも合って仲良くお交流していたので私も残念です。
「最近」こういうときは「最近」しか無くて、永遠に貫くものは無いと私は思っていて、だからこそ「最近」を大切にしようとずっと思っています。
そう分かっていながらも、何となく心のどこかで乳児とその幼馴染氏の育ちを思う存分見続けられると思っていた自分に驚きました。
なるほど、正当ってやっぱり薄いんだなあ、と改めて感じました。
多分乳児も思っていたことでしょう、そのキッズと一緒に正当みたいに小学生を終了し、そのキッズと一緒に正当みたいに中学生へ進学して、ハイスクールははからずも別々に患うかもしれないけれど、マイホームは横だし正当みたいに顔は重ねるだろうって。
でも、そういう未来は来ないのです。
「おはよー!」と一年中扉をたたく亭主の元気な感想が聞けなくなると思うと甚だしくうら寂しいだ。
つらいと大泣きやる乳児を「離れたら友人じゃない?離れてもどんどん友人だ?」と
抱き締めながら諭しながらぐいっと涙は持ち堪えたのでした…。
真夜中陰ながら涙しましたけどね(^_^;)
おかげで今日はまぶたがぼっこり腫れてます…。

『100均リバティー』はたとえ落ち込んだ瞬間でも笑える名作!電車の中では来訪人気だ。

ちょっと前に出た読物になりますが、内海 慶一氏の『100均フリーダム』という読物が、一際笑えます。もはや生活に必要なものは何でも整う、こんなものまで100円で支払えるの!?というものが整う便利な100均ですが、そういったアイテムの取り分け異彩を放つアイテムが隠れるんです。不気味な青い視線のパンダや、実行使途不明の置物、幼児が作ったほうが上手にできるんじゃないのかと思わせるクオリティのフィギュアまで…かりに不出来でも大丈夫が出て、ストアに並んで仕舞うゆるさ、それらを「100均フリーダム」と名づけ、採集として紹介していらっしゃる。そのアイテムチョイスや、視線の付けどころがだいぶ独特で可笑しいのに加え、作者の報告感度が秀逸で、深く考えさせられる一品もあります。それはひとえに、作者の「100均フリーダム」への愛着の深さが出来る技。これを読めば、便利な100均という空想だけではなく、100均の新設歓びを内偵に行きたくなる作品だ。ミュゼ 背中脱毛