都内都知事・舛添氏の公費の無駄遣いについて

今日、連日のように都内都知事です舛添ちゃんの公費のプライベート融資の号外が取りあげられてある。公用自家用車での別荘通い、国外来訪でのファースト講義、優秀宿屋の選択、世帯の飯における公費の敢行など。一部出ると、ひっきりなしに出るもので、都民が知らないうちにこれだけプライベートにタックスを使用していたのかと思うと、あきれるばかりだ。さぞ舛添ちゃんだけではなく、過去の都知事もリッチづくしにタックスを使用してきたと思うのですが、なんで舛添ちゃんだけこれほど叩かれるのかと考えました。さぞかし石原ちゃんはぐっと使っていたのではないかと思うのですが、恋人は都知事としてありとあらゆる方針を打ち出し、行動し、結果を残したので豪遊しても誰も何も言えない。その前にあの人物だけに怖くて何も言えないというのが必死でしょうか。舛添ちゃんは都内に対して、断然大した方針を行っておらず、申し込みもないので叩かれてしまっています。あのファースト講義費用、優秀ホテル代、優秀食堂での飯費用の洗い浚いをまとめれば、都内における保育園保留子供苦悩の破棄に少しは役立ったのではないかと思います。苦悩は保育園だけではありませんが、多少なりとも都のためにと思っているならば、あれほど豪遊づくしできないのではないでしょうか。次期知事には、タックスを無駄遣い断ち切る方を選びたいと著しく思います。防風通聖散 アットコスメ